女医コン

女性医師をはじめとする働く女性を応援します

なぜ「女医コン」?―主催が目指すもの

写真01
女医コン主催:薬師寺よりメッセージ
主催者の薬師寺は循環器内科医です。
僕は日常診療で患者さんと接する際、家族構成をまず聞きます。
その際、お年寄りの方であれば孫の話題が一番話が弾みます。
外来に時間の余裕が有るときは僕は自分の息子の写真をスマホで見せ、
患者さんは孫の写真を携帯から引っ張り出してきて、息子対孫の自慢合戦をします。
お互いに楽しいものです。

しかし今、孫が居ない高齢者が非常に多いのです。
75歳以上の内科患者に孫の数を聞き集計してみました。
20人の患者さんから、なんと37人の孫しか生まれていないのです。
つまり、2世代かけて人口は半分になっている計算です。

ましてや結婚しない息子を抱えている家庭も少なくありません。
家族3人暮らしで80歳半ばの両親、一人息子はもう60歳……。
息子さんご自身が病気になる時はほぼ確実に独居です。

こんな世の中で良いのでしょうか?
僕としては放っておけません。


さらに、下のようなデータも有ります。

「職業別の生涯未婚率」:http://tmaita77.blogspot.jp/2014/02/blog-post_9.html


独身女性の医師は病院クリニック問わず、大変多く見かけます。

彼女らも忙しい診療の合間に婚活も頑張っているとは思うのですが、
長時間労働者の最たるものが医師ですから、
限られた時間の中でいい人を見つけるのは容易ではありません。
女性歯科医、女性薬剤師にも同様の傾向を認めます。

このような背景で日本の未来に貢献出来る取り組みとして、
2014年より「女医コン」を始めました。

2021年4月時点で40組以上の結婚に貢献しています。
コロナに負けず今年もより多くのご縁を繋いでまいります。
応援よろしくお願いいたします!